3,000円以上お買い上げで送料無料(沖縄、日本国外を除く)

コーヒー豆の大きさと味わい


コーヒー豆の大きさと味わい 

普段コーヒー豆を購入する際、コーヒー豆の大きさの違いに気づいた方はどれくらいいるでしょうか。実はコーヒー豆には、大きさによる分類がございます。焙煎後のコーヒーでは少し分かりづらいのですが、焙煎前の生豆ですと大きさの違いが明確です。ではその大きさですが、小さい豆と大きい豆の違いは何か。それが味わいにどう影響するのでしょうか。

 

スクリーンサイズ 

 

コーヒー豆の大きさを表す用語の一つが、スクリーンサイズです。スクリーンは『ふるい』のことで、コーヒー豆をふるいにかけて大きさを統一しています。このスクリーンサイズは、コーヒーの等級を決める要素として非常に重要です。そしてサイズの基準は国ごとに違います。

ブラジル

スクリーン20 8mm
19 7.5mm
18 7mm
17 6.75mm
16 6.5mm
15 6mm
14 5.5mm
13 5mm

 

コロンビア

スプレモ(Supremo) スクリーン17以上
エキソルソ(Excelso) スクリーン14~16
輸出不可 スクリーン13以下

 

ケニア 

AA スクリーン17~18以上(7.2mm~)
AB スクリーン15~16(6.8mm~)
C スクリーン15以下 (6.8mm未満)
E 非常に大きい豆

 

パプアニューギニア

 

AA 6.95mm~
A 6.75mm~6.94mm
B 6.55mm~6.74mm
AB AとBが混合(Aの割合が過半数以上)
C 5.95mm~

 

 コロンビア 

スプレモ(Supremo) スクリーン17以上
エキソルソ(Excelso) スクリーン14~16
輸出不可 スクリーン13以下

 

ベトナム

G1 スクリーンサイズ14(5.6mm未満)~16(6.95mm以上)
G2 スクリーンサイズ12(4.8mm未満)~14(5.6mm)
G3 スクリーンサイズ10(4.0mm未満)~12(4.8mm)

 

タンザニア

AA 6.75mm以上
A 6.25mm~6.74mm
B 6.15mm~6.24mm
C 5.9mm~6.14mm

 

このように国によって基準、表記などが異なっています。このスクリーンサイズに標高、欠点豆の数などの項目によりそのコーヒー豆の等級が決まります。

 

大きさによる味の違い

 

実際の味わいですが、コーヒー主要国の全ての大きさを大きさ別に飲んだ結果、味わいはほとんど変わりがなく、コーヒー豆の大きさで着目されている点は見た目です。コーヒー豆が並んだ際に、小さくて小粒よりも大きくってふっくらしている方が綺麗で目に留まるというということです。

しかしながら近年ではスペシャリティーコーヒーの台頭により、大きさよりも味、フレーバーなどに重点を置いているため大きさはそれほど重要視しないという人も増えてきました。

コーヒーは結局、飾り付けなどではなく飲んで楽しむものなので、『味わい』の優先度が高いということになります。

 

BONGENCOFFEE

SHIRAFUSHICOFFEEROASTERS

東京都中央区銀座2-16-3

03-6264-3988

support@ginza-bongen.jp

http://ginza-bongen.jp/

https://shirafushicoffee.jp

https://bongen-shirafushi-coffee.com

平日・土日祝日

10:00〜19:00

銀座駅 8分

東銀座駅 4分

築地駅 6分

 


繁體中文