3,000円以上お買い上げで送料無料(沖縄、日本国外を除く)

マンデリンコーヒーの魅力


マンデリンコーヒーの魅力

コーヒー好きの方であれば好きな銘柄の一つに、マンデリンをあげる方も数多くいるかと思います。しかしながら、大まかにインドネシア産の高級銘柄であることは知っている程度の方も多いのではないでしょうか。そこで今回はもう少しファンの多いマンデリンコーヒーについて深掘りしていきたいと思います。

 

マンデリンコーヒーの産地

 

マンデリンの産地は、インドネシアにあるスマトラ島。
インドネシアではスマトラ島のマンデリン以外にもコーヒーが生産されています。ジャワ島で栽培されるジャワコーヒーや、スラウェシ島のトラジャコーヒーなどが世界的に有名です。

世界第4位を誇るコーヒー生産大国のインドネシアの中でもマンデリンは全体の数%しか栽培されていない希少な品種に該当します。スマトラ島のマンデリン族によって栽培が始められたこのコーヒーは、現在でもスマトラ島の限られた地域でしか生産されていないのです。

 

マンデリンコーヒーの等級

 

コーヒー豆には等級が存在します。等級は国ごと、地域ごとに基準があり、基準に沿った審査がされます。

マンデリンが生産されるインドネシアでは欠点数が少ないほどグレードが高くなる基準を採用しています。

マンデリンのグレードはG1~G5の等級が付けられます。日本の自家焙煎店などで扱っているマンデリンは、その中でも最も品質の良いG1がほとんどです。

一般的にスーパーグレードと呼ばれているマンデリンコーヒーは、非常に細かい条件をクリアしたものとなります。産地と栽培されている標高の条件を満たすものだけがスーパーグレードとして認められるため、非常に希少性が高くなります。

 

マンデリンコーヒーの味と香り

 

マンデリンの味の特徴は、深みとコクです。重厚さのあるコクとやや強めの苦味があります。ハーブやシナモンのミルキーさも兼ね備え、アフターでは甘みも感じられ余韻まで楽しめるコーヒー豆です。

 

マンデリンコーヒーの希少性

 

マンデリンコーヒーの希少性の高さについてです。

コーヒー豆は大きく分けると、アラビカ種、カネフォラ種(ロブスタ)、リベリカ種の3つに分類することができます。マンデリンは、アラビカ種に該当するコーヒー豆です。アラビカ種は、風味と味わいが良いのですが栽培するのに非常に手間がかかります。病気や虫、乾燥などに弱いだけではなく、収穫量も少ないので有名です。

アジアのコーヒー生産大国であるインドネシアは、栽培されているコーヒー豆の約90%がカネフォラ種に当たります。アラビカ種は残りの約10%となりますが、そのすべてがマンデリンというわけではありません。ただでさえ少ないアラビカ種の中でも、マンデリンは全体のたった数%ほどしか栽培されていないのです。このような経緯もありマンデリンは高級銘柄として認知されています。

 

BONGENCOFFEE

SHIRAFUSHICOFFEEROASTERS

東京都中央区銀座2-16-3

03-6264-3988

support@ginza-bongen.jp

http://ginza-bongen.jp/

https://shirafushicoffee.jp

https://bongen-shirafushi-coffee.com

平日・土日祝日

10:00〜19:00

銀座駅 8分

東銀座駅 4分

築地駅 6


繁體中文