3,000円以上お買い上げで送料無料(沖縄、日本国外を除く)

浅煎りコーヒーの魅力


浅煎りコーヒーの魅力

浅煎りコーヒーと深煎りコーヒーの違いは、酸味か苦味です。深煎りコーヒーは苦みが強いのに対し、浅煎りコーヒーは苦いだけはでなく、フルーティーさを感じられるのが特徴です。以前はコーヒー豆といえば、真っ黒で苦味が強いのが一般的でしたが、スペシャルティーコーヒーの台頭により浅煎りも人気のコーヒーの一つとなりました。コーヒー専門店では、浅煎り限定の店舗もあるほどです。コーヒー好きの方には、浅煎りを飲んだこともある方も多いかと思いますが飲んだことのない方の中には、苦くなくフルーティーなコーヒーが想像できない方もいるかと思います。そこで浅煎りとはどういうものなのか一部ご紹介致します。

 

果実味本来の味わい

 

浅煎りでは深煎りに比べて焙煎温度が低く、豆本来の果実味を残した状態で焼き上がります。深煎りでは220度前後、浅煎りでは180度〜190度前後程まで焙煎します。焙煎温度が低ければ、低いほど生豆の状態に近く、水分量も多いためコーヒーチェリーの味わいをより感じられます。味わいは、酸味やフルーティーと表現されます。表現例は紅茶、ベリー、カシス、ブドウ、オレンジ、黄金糖、青リンゴなど様々です。

 

浅煎りのおすすめコーヒー産地

 

コーヒー豆には産地がありその産地により特徴が異なります。浅煎りではエチオピア、深煎りではコロンビアを聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。ここでは、浅煎りでおすすめの産地をご紹介致します。

エチオピア

ケニア

タンザニア

グアテマラ

これらの産地では、紅茶、青リンゴなどの心地よいフルーティーさを感じられ甘みも特徴的なためファンも多いかと思います。コーヒー店に行った際はこれらの産地を確認して浅煎りを頼んでみてはいかがでしょうか。

 

普段深煎りが多く苦味のあるコーヒーがほとんどの方には、聞きなれないフルーティー、紅茶、あおりんごなどの言葉が多かったと思います。コーヒーから本当にそんな味わいが感じられるのか疑問をお持ちだと思います。そんな方は一度浅煎りの新感覚を試してみてはいかがでしょうか。

 

BONGENCOFFEE

SHIRAFUSHICOFFEEROASTERS

東京都中央区銀座2-16-3

03-6264-3988

support@ginza-bongen.jp

http://ginza-bongen.jp/

https://shirafushicoffee.jp

https://bongen-shirafushi-coffee.com

平日・土日祝日

10:00〜19:00

銀座駅 8分

東銀座駅 4分

築地駅 6分 

 


繁體中文